前もって知る事が可能

家庭教師を雇う

保育園や幼稚園には、通園前にあらかじめ体験できるプレスクールということを実施している場所もあります。プレスクールに参加することで、どのような取り組みが行われているのかなど方針を探ることが出来ます。

Read more

体力や学力を伸ばす

授業を受ける子供

多くの家庭では、幼い子供を学習塾やスポーツ教育に通わす保護者が増えてきました。その背景には、大人に成長するまでに必要な能力が付けられるという魅力があるからなのです。

Read more

小さいうちから

たくさん本を読む

今日の「幼児教室」での取り組み

子供は、将来社会に出て、生きていかなくてはいけません。そのために、親は様々な事柄を教えていく必要があります。子供の時に「自立する心」を育み、それを糧として独り立ちする子供へと育てなければなりません。 今日、この「自立する子供」へと成長を促す場として、「幼児教室」が注目を集めています。「幼児教室」というと、「知識を詰め込む場所」というイメージが強く残り、否定的な意見も多く聞くことが出来ます。しかし、今日の「幼児教室」はそのようなイメージとは異なり、子供1人1人が持つ個性的な才能を引き出すことを目標としているのです。 天才児を作るのが目的ではありません。自分自身を輝かすことの出来る、自立した大人へと成長を導いているのです。

正しい「幼児への教育」が必要

「子供1人1人の能力を引き出す」ために必要なこととは、どの様なことでしょうか。今日、「幼児教室」は多様化が進み、様々な特徴を持った指導が行なわれています。その中でも、知的取り組みだけに偏らない「様々な脳への働きかけ」をおこなう幼児教室が主流を占めています。この「総合的な取り組み」を行なう教室に通うことで、子供の個性を輝かせることが可能になるのです。 このような「幼児教室」では、1人1人の能力を引き伸ばし、才能を開花させる取り組みが行なわれています。「能力開発」というと難解な響きがありますが、どの取り組みも「子供が楽しみながら出来る」ように工夫がされています。そして、様々な取り組みを通して自己肯定感を持たせ、能力や精神ともに優れた人材へと導いていくのです。 優れた人材へと育てていくためには、子供にあった働きかけを行なう必要があります。「幼児教室」での取り組みは子供の気持ちに寄り添い、バランスの取れた指導が行なわれているのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加